DHAサプリを始めたいのですが選び方はありますか?

DHAサプリも、実にさまざまな商品が出回っているためどんな選び方もしたら良いのかをしておくことが必要です。

2つのポイントを知り、選んでみましょう。

DHAの配合量

いろいろな DHA サプリがありますが、DHAの配合量を比較しておきましょう。

概ね、1.4g~1.8gの中に300mg~500mg配合されているものなら効率よく摂取ができるようになります。

多く摂れば効果的というわけではないのですが、あまりにも少ない量の場合には十分な効果が期待できません。

目安としては、DHC の配合量が400mg程度あれば問題ないという選び方を知っておきましょう。

DHAの成分は、沢山摂ればそれだけ体に蓄積するというものではありません。

そのためにもその都度、適切な量を毎日摂取するというのがおすすめです。

酸化防止の成分の有無

DHA は、酸化しやすい性質を持っています。

酸化しやすいことでたとえ体内に取り入れたとしても、本来の DHA の働きが失われていくようになってしまいます。

そのためには、できるだけ酸化防止の成分が入っているものを選ぶのが賢明です。

例えば、ゴマに含まれるセサミンは、酸化防止の作用がありDHA をほとんど減少させないようにできます。

同時に、若々しさを保つこともできるので、セサミンの配合されているものも有効です。

そして、化粧品に採用されているアスタキサンチンも酸化防止の効果があります。

オキアミから抽出されるクリルオイルに豊富に含まれているのが、アスタキサンチンです。

これから、DHA サプリを選ぶときにこの二つをポイントとして比較してみてから決めるのがおすすめです。

ドラッグストアでも気軽に入手できる DH へサプリですが、せっかく摂取するのであればより効果の期待できるものを選ぶようにしたいものです。

成分だけで比較するとどれも同じような成分が記載されているので、実際に配合量を数値で確認するようにしましょう。

また、酸化しやすいという性質を知り、酸化防止の成分が入っているかどうかにも着目して選ぶようにすれば満足のいくものを選べるようになります。